♂ ついにリアディスクを小径化 ♂


Reported 2005/3/21 ・・・リポートは遅かったけど、完成は1/25でした。(^_^;)

最初に・・・

何年も前から、この馬鹿でかいリアディスクを小径化しようと・・・

そう思っていましたが、実行に移すとなると諸問題がいっぱい!!

当初の予定通り、VFのリアホイールを使えば簡単だったのですが

タイヤの幅が狭くなっちゃうので、いつしかノーマルホイールで!!

というムチャな【こそく改!】に取り掛からなければいけませんでした。

 

そんな訳だったのですが、今回はこそくとは言えないほどの出来映えを見て

僕もその仕上がりには、大変満足ですが

正直、ゴッソリ取り替えた方が簡単です。(苦笑)

まぁでも、その過程をご覧下さいませ。

 

ついでに、スイングアームのブラックアウト化も一緒にやっちゃいました〜。

これ(スイングアーム)って、ホントは2004年バージョンだったのだぁ。(苦笑)


まず、どのサイズにするかは決まっていました。

ノーマルの『296mm』から直径40mmダウンの『256mm』のサイズです。

VF750FのホイールにCBX750Fのディスクを企んでいたのと同じサイズで

理由は簡単!CBXのキャリパサポートを使う為です。(^^ゞ

比較すると、こんな感じになりますね。 いやぁ小さい小さい。(笑)

でも今回、実際に使ったのは『CBR250F』のフロント用です。

この理由は、外側のクリアランスに余裕が無く、厚さを規制したかった為です。(苦笑)

 

それはいいとして・・・問題は、オフセットとP.C.D.の違いです。

その為には、スペーサ兼インナーローターを作らなければいけません。

必死こいて図面を書き、先輩に『お願いだぁ〜〜〜。』

で!出来たのがこれ。

内側に穴を10個開けたのは、気分なんですが

後でタップを立てたり、穴を大きくしたり出来る様に拡張性を持たせました。(笑)

更に、このままでは表面の仕上げが気になるので、得意のブラスト〜♪

なかなかいい仕上がりでしょ♪ 満足満足。

ただ、寸法が合っているかは解かりましぇ〜〜〜ん。( ̄□ ̄;)!!

さて!では仮組みと行きますかぁ。

この画像では、ディスクを留めているボルトが出っ張っていますがご勘弁を!!

ちゃんと別のを用意しますから〜〜〜♪(^^ゞ

そしてクリアランスを・・・・恐る恐る確認する。

うおぉ〜〜〜。何とか入っちゃってるぞぉ。やったぁ。v(=∩_∩=)

全体画像は、こんな感じ。

これなら、大好きなゴールドコムスターもたくさん見えますし

何しろ最近のバイクのディスクに見えるし、惚れ惚れします!

そして取り付けには、ブラックアウトしたノーマルスイングアームと

ブラストしたチェーン引きをセットする。

 

 

さぁ、仕上がりはいかがでしょうか?

正直言いますと、スイングアームの黒は自家塗装なので自信ないのですが

その他に関しましては、とても満足しています。

  

 

おっと〜!忘れてました。

実は、サポートの内側にあるディスタンスカラーは『2mm』オーバー(厚)仕様です。

ワッシャでも良かったのですが、やはり先輩にお願い。(爆)

 

さぁ、次はどんなこそくメニューが待っているのでしょう?

 

−−−−−−−−  完  −−−−−−−−